ニホンジカのかばん

昨今、農作物や樹木が野生の獣によって被害を受ける「獣害」が大きな問題となっています。被害を減らすために、農地を柵で囲うなどの防御とともに適正な生息数へ戻すための捕獲が行われています。捕獲された獣は食肉としての利用は進んでいますが、皮は埋設や焼却されることが多く、まだ利活用が進んでいません。この製品はニホンジカの革を日常の中で役立つように考えだされたもので、三重県で捕獲されたものを利用しています。
またシカ革は「柔らかい」「手触りの良さ」という特徴もあります。ぜひこの機会にニホンジカ革の鞄を手にとってみてください。

この商品は、次の皆様の協力で実現しました。

 製作:C.W.O
  http://www.creative-works-over.com/

 協賛:一般社団法人観光スケッチ協会
  www.jtska.org

野生獣の利活用「ニホンジカのかばん」

1件の商品がございます。

ニホンジカのかばん

三重県産のニホンジカ革でつくったかばん。A4サイズが入るショルダータイプです。